善玉菌 悪玉菌

MENU

善玉菌って何をする働きがあるの?

善玉菌と悪玉菌はどういう違いがあるのでしょうか。

 

善玉菌とはどういう働きをするものなのでしょうか。

 

善玉菌とは腸内細菌の一種です。

 

母体の体内にいる胎児の間は赤ちゃんは無菌状態ですが
産まれてくると外、人のとの接触にとって菌が繁殖していきます。

 

その中でも母乳やミルクから摂取していくのが乳酸菌をはじめとした
善玉菌になります。

 

アトピーには善玉菌のチカラがおすすめです。

 

人間の腸内には100種類以上の細菌が生息していますが
ビフィズス菌などは有名ですね。

 

善玉菌が多く腸内にいると、免疫力向上や便秘予防に効果があります。
悪玉菌が減るので腸内のアンモニアが減り腸内環境が改善する効果が期待できるのです。

 

善玉菌を増やすためには乳酸菌やサプリメントを摂取するほか
オリゴ糖などを食べて善玉菌を増やしてあげることもできます。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌となりますので、摂取することで善玉菌がオリゴ糖を吸収し
繁殖していくと考えられます。

 

乳酸菌などの善玉菌は生きたまま腸に届けなければ意味がないと言われていましたが
最近の研究結果では死滅した乳酸菌でも効果はあるとの報告があります。

 

善玉菌が満たされることで腸内の免疫機能が高まりますので
便秘解消効果の他にも花粉症の症状改善や、アレルギー予防にもいいといわれています。

悪玉菌が繁殖するとどうなる?

腸内で悪玉菌が繁殖してしまうのはよくないといわれていますが
なぜ腸内で悪玉菌が繁殖するのはよくないのでしょうか。

 

まず腸内で悪玉菌が繁殖してしまうと発がん性物質が活性化したりします。
結果的に大腸がんの発症リスクも高まります。

 

また、便秘をしやすくなりますので、腸内で溜まった便が異常発酵し
腐敗ガスが発生してしまうのです。

 

腐敗ガスは血液の流れにのって、全身にいきわたり
体臭や口臭の原因となってしまいます。

 

簡単にいえば、口臭が便の臭いがするなどです。

 

また、悪玉菌が増えると栄養が吸収されにくい状態になり
毒素が溜まってしまいます。

 

老廃物の排出がうまくいかないので肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

 

腸内で悪玉菌が繁殖してしまうと、腸のぜん動運動もにぶくなってしまい
便秘になりやすくなってしまいます。

 

一度便秘症になってしまうと、慢性化しやすくなるので
早めに解消してあげたほうがいいでしょう。

 

また腸内で悪玉菌が繁殖すると、免疫機能が悪くなってしまうので
アレルギーを発症したり、花粉症が酷くなったり、がんなどの病気になりやすくなります。

 

代謝機能が落ちてしまいますので、腸内環境を改善するための
努力が必要になってくるのです。